釣行 シーバスナイトゲーム→貴重なアタリをモノにできない未熟者

スポンサーリンク




信じて巻く

 

ってのは、できそうでなかなかできないもんだ。

 

ただ、これが大事なんだろうなーと思った釣り。

 

 

 

 

近場で、シーバス狙いのナイトゲームを

してみようってことで、友人(べらお氏)と一緒に釣行。

 

 

雨の後ってことで、水潮&濁りがあるかなーと思いましたが、

 

シーバスなら少々塩分濃度が下がっても大丈夫だろうし、

濁りはむしろOKだろってことで、シーバス狙いで行ってみます。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

使用タックルは…

・ロッド:スコーピオン2832RS-2

・リール:ヴァンフォード(4000MHG)

・ライン:スーパーXワイヤー4(1.5号)+ナイロンリーダー

 

現地でまともな写真が撮れなかったため、おうちで撮影。

 

ストラディックSWがゴツすぎ+クイックレスポンスシリーズを使いたかったからヴァンフォードを導入したけど、

スコーピオンにヴァンフォードは軽すぎたかもしれない。

少々先重りが…

 

あと、ハンドルがちょっと長いよ。

C3000の50mmハンドルに変えてみたい。

 

 

 

 

軽くランガンしながら、実釣スタート

今回のポイントは近場かつ駐車場から近いんで、気軽に釣りをできるのが嬉しい。

 

友人と一緒に、投げては巻き、投げては巻き…を繰り返してたどり着いた、船の出入り口付近のポイント。

 

結構な数の釣り人がいたんで、人がいない側の防波堤からルアーを投げて巻き巻き、投げては巻き巻き…を繰り返していると、

何度か、コンッ…コンコンッというアタリが。

 

おや…???と思いながら、同じポイントをゆっくり巻いていると、

 

ゴンゴンゴンッっという、叩くようなアタリが!

 

 

しかーーーし、

よっしゃ来た!と思った瞬間に痛恨のバラし

 

チクショウ!!!

完っ全にフッキングが甘かった。

 

 

その後も、同じポイントをトレースしたり、ルアーの種類・カラーを替えたりしましたが、一向にアタリは無くなり…。

 

結局、友人がメバルを1匹釣っただけで終了しました。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

「信じて巻く」ということの難しさと大切さ

今回、大小アタリがあったルアーはこちら。

 

マニックと、エリア10FIX+

いずれも控えめのアクション+赤系のカラーということで、

この日、魚に訴えるものがあったんでしょうか。

 

 

今回、釣れなかったとはいえ、

ルアーをローテーション

コツン…という小さなアタリを、ちゃんと「これはアタリかも?」と考えた

→このルアーに反応しているかも…と思って、丁寧に巻き続けた

 

というのが、大きなアタリに繋がったのかな…と思っています。

 

 

釣れない時間が長くなると、ルアーを巻くのがどうしても雑になりがちでしたが、

小さな変化をちゃんと意識して、ルアーを信じて巻き続けると、そのうちヒットに繋がるのかなー

 

とか考えた一晩でした。

 

 

 

 

釣行メモ

・天候:晴れ(前日まで雨)、ほぼ無風

・釣行時間:22時30分~0時

・潮汐:大潮(21:40満潮)

・足元水温:11℃

・ヒットルアー:マニック75、エリア10FIX+

・メモ:ベイトっ気は無し。

船の出入り口の外海側+常夜灯でやや照らされた所(明暗に対して垂直にトレース)+テトラ付近という条件で、魚の反応があった。

カウントダウンなど、アクションが大きいルアーには反応しない。

アクションが小さい+赤系カラーが効いた?

 

 

さーて、食ってきたのはシーバスかメバルか…

 

また答え合わせに行きたいなー。

 

 

シーバスやったら嬉しいんやけどな。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク