YOLER(ユーラー)の焚き火台を買ったから、使い方とサイズ感を簡単にご紹介

スポンサーリンク




すっかり存在を忘れてたAmazonのポイントがあったので、

前々から気になっていた焚き火台(カマド)を買ってみました。

 

サイズ感など、簡単にご紹介。

 

 

 

 

YOLER(ユーラー)の焚き火台だぞ

今回買ったのは、YOLER(ユーラー)というメーカーの焚き火台。

Amazonで取り扱われている商品で、私が買ったお値段は1,640円

 

…ですが、忘れていたAmazonポイントが1,500ポイントあったので、140円でゲットできました。

ラッキー。

 

 

さて、こちらの商品は、とある有名なB6サイズ焚き火台にそっくりな商品なんですが、

B6サイズより少し大きいサイズが丁度いい

と、なかなか評判がよろしいので、実際のサイズ感などをご紹介。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

ユーラー製焚き火台の使い方は…

まずは、焚き火台のセッティング方法から。

 

 

袋から取り出すと、このように綺麗にスタッキングされた本体と、ゴトクが登場。

 

 

 

これを広げると…

 

側面板・背面板が三つ折りになっておりまして…

 

 

 

炭受け板・炭の落下防止板・目皿が収納されております。

 

さて、これを組み立てるわけですが…

 

 

 

 

①側面板・背面板を立てる

まずは、三つ折りになっている側面・背面板を組み立てます。

とはいっても、ジョイント部分を折り曲げて立てるだけですけど(笑)

 

 

 

 

②炭受け板+目皿を取り付ける

これも非常に簡単で、

 

 

側面板の穴に、炭受け板の爪を引っかけるだけ。

目皿に至っては、炭受け上に置くだけです。

 

 

ちなみに…

穴の高さは2段に分かれているほか、

焚き火台そのものを上下逆さまにすることで、炭受け板の高さを4段階に調整することができますよ。

 

 

 

 

③炭の落下防止板を取り付け

まあ、これは用途に応じて使うか使わないかが分かれますが…

 

板を上からストンっと落として、炭受け板の上に置いてやったらセット完了。

 

ちなみに、キャプテンスタッグのB6カマドではオプション扱いの板ですが、ユーラー製品には純正で付いているのは嬉しいポイント。

 

 

 

 

④ゴトクをセットする

上に置いてやるだけ。

 

 

 

以上!

 

 

 

ちなみに、このゴトクも結構しっかりした作りになってますが、

 

溶接部分の精度は若干気になるかな、と。

 

Amazonのレビューでは、

溶接部分を何回か曲げたら折れた

というレビューもありましたが、

 

そもそも溶接部分を何回も折り曲げるなよ

という話なので、普通に使って問題なければこのまま使い続けます。

 

 

 

 

ユーラー製焚き火台のサイズ感は

さて、こちらの焚き火台は、

「B6サイズよりも奥行きがあるのが素敵」

というのがポイント。

 

 

 

ダイソーメスティンを置いてみると、見事にドンピシャのサイズ感。

評判通り奥行きがあるので、余裕を持って調理器具をセットできそう。

 

しかも、右側には半分ほどスペースが空くので、別の調理も可能。

 

ええやん、これ。

 

 

 

メスティンを横向きにおいても、手前側半分が空くので、

炊飯+おかずの調理っていうことができそう。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

ユーラー製焚き火台、その他のGoodなポイント

サイズ感は評判通りの丁度良さ。

その他にも個人的にGoodだと思ったポイントがありまして。

 

 

①背面が一枚板なのがGood

ユーラーの焚き火台は側面・背面・側面の3つ折り収納なので、背面板が一枚板になってます。

これが、安定感という面でも非常に有効に働いているように感じます。

 

 

キャプテンスタッグのB6カマド場合、背面板が2つに折れるようになっているので、ここはサイズ以外にも違いが出るポイントではないかと。

 

 

 

 

②コンパクトにスタッキングできるのが素敵

三つ折りにして、ゴトクを上に置いて、

 

 

専用の袋に収納。

袋にもやや余裕があるので、私は火吹き棒とライターも一緒に入れてます。

 

 

 

ゴトク以外の部品を納めて折り畳んでも、写真のように綺麗に収まるため、収納時の厚みも抑えられます

これは、なかなか優れたスタッキング性じゃないかと。

 

 

 

 

ユーラーの焚き火台は「買い」じゃないかと思う

使い方+簡単な説明にはなりましたが、

 

このクオリティで1,600円前後っていうのは、かなりコスパに優れているんじゃないかい?

 

まだ火を焚いていないので、耐久性などについては何も言えませんが、

他の方の評判を聞く限り、極端に壊れやすいこともなさそうなので、お試しで買ってみるってのもアリなんじゃないかな。

 

 

 

早く使いたい…けど、最近忙しくて遊びに行けない…

 

 

投げ釣り仕掛けだけ投げておいて、焚き火をしながらアタリを待つ…

そんな釣りキャンプとかしてみたい。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

 

ブログランキング参加中!

1クリックお願いします!他のブログも読めるよ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク