安いパーツクリーナーはコスパ悪いから買わないほうがいい【+オススメのやつも書いておく】

スポンサーリンク




ケチって失敗したシリーズ。

 

前に書いたフロアジャッキに続きまして

フロアジャッキはケチると後悔するぞ

 

 

今回はパーツクリーナーの話。

 

 

 

呉工業のパーツクリーナーを使って気付いたことがある

車を整備しようとしたら、パーツクリーナーは必要不可欠。

 

ただ、パーツクリーナーってピンからキリまでありますよね。

ホームセンターで買える198円くらいの安物から、500円くらいのもの、1,000円オーバーのものまで。

 

私は学生時代から198円とか298円の安物を使ってたけど、ふとKUREの500円少々のやつを使ってみようと思いまして。

 

↑これね。

 

そしたら、まぁこれがビックリよ。

安いやつと全然違う。

 

もう安いパーツクリーナーには戻れない。

 

 

 

 

安いパーツクリーナーは何がダメ???

①洗浄力が低い

というか、洗浄力がほぼ皆無

 

安いパーツクリーナーって、吹き付けたら速攻で揮発しちゃうわけよ。

 

シュっと吹き付けて、ウエスを手に取って、いざ拭き拭き…と思ったら…

オイ、もう揮発してんのかよ!

ってなるんで、全然汚れが落とせないという。

 

コレ、全然使えねぇ

 

 

 

 

②結局大量に使うから、コスパが悪い

①と関連するけど、

 

安いパークリは一瞬で揮発する

洗浄力の低さを量でカバーしないといけない

 

という状態になる。

 

となると、油汚れに対して

シューーーーーーーーー!!!!!!

と、親の仇のようにクリーナーを吹き付けないといけない。

 

となると、下手したら1日の整備で1缶使い切るレベルでクリーナーをを消費します。

 

うわ、コスパ悪!!!

 

 

 

 

③そもそも、内容量が少ない

これも①に関連するけど…

 

ちゃんとしたパーツクリーナーと、安物パーツクリーナーの裏面を見てみると…

 

↑ちゃんとしたやつ(呉工業製)

内容量840mlに対して、洗浄成分(第1石油類)は、588ml(内容量の70%)

 

 

 

↑安いやつ(某社製)

内容量840mlに対して、洗浄成分(第1石油類)は504ml(内容量の60%)

 

内容量は同じ840mlでも、第1石油類の容量は84mlも違う。

 

そりゃ薄いしすぐ揮発するはずだわ!!!

 

 

 

 

じゃあ、高いパークリだと何が良いのか

安いやつの真逆です。

 

揮発が遅いから、しっかり洗浄できる

洗浄剤(石油類)が多いからね。

汚れに1回シュっと吹いただけで、しっかりと汚れが落とせます。

 

なんなら、ウエスにシュっと吹き付けても、ウエスが濡れた状態がしばらく続くんで、そのまま拭いたら汚れを落とせます。

 

 

 

 

圧倒的に長持ちして、コスパが良い

これも単純に、1回あたりの使用量が圧倒的に少なくなるから

 

安いパークリに比べると、呉工業製のやつ(ブレークリーン)は2倍少々のお値段だけど、

呉工業製は安いやつの2倍以上長持ちします。

=1回あたりの使用量が半分以下になる。

 

なので、結局1缶を長く使えて、結果的にコスパが高くなるわけです

 

 

 

 

ちなみに、プロの人も同意見だった

まあ、これは参考までですが…

 

バイトしてたバイク屋の整備士さん

安いパークリなんか、汚れ落ちんやろ。

特に、速乾性のやつはゴムも傷めるし、使って良いことなんか無いぞ。

性能とお値段考えたら、ワコーズの中乾性のやつが一番いいぞ。

 

というお話をしてました。

 

 

 

出入りしてる自転車屋さん

(ワコーズ製を使ってるのを見て、パーツクリーナーの話に)

 

安いパーツクリーナーなんか、めちゃくちゃ薄めとるからいくら吹いても汚れ落ちんやろ。

汚れがシュっと移動するだけやん。

少々値段がしても、ちゃんとしたやつ使った方が長持ちするから結局安く済むよね。

 

 

 

バイトしてたガソリンスタンドの整備士さん

安いパーツクリーナーなんか、汚れ落とすのに1本使うやん

呉のやつがどこでも買えるから良いんじゃね?

 

 

 

…うーーん、皆さんやっぱりそうなのね。

と、勝手に納得しました。

 

 

 

 

ということで、私のオススメパーツクリーナーは

呉工業製の、ブレークリーン

 

私は、これに行き着きました。

 

軽いワコーズ信者でもあるんで、 ワコーズ製もオススメしたいんですが、

 

・入手難易度(ホームセンターで買える)

・性能(高い洗浄力、長持ち)

・お値段

 

の点から、これが結局使いやすいかなーと。

 

 

 

ちなみに、バイク屋の整備士さんはワコーズの中乾性のやつがオススメとか

 

少々お値段はしますが、ゴムパーツへの攻撃性が低いとかなんとか。

※自分で使ったことはないので、あまり詳しくは書けません。

 

 

 

パーツクリーナーって消耗品なんで、ついついケチってしまいがちだけど、

私、ケチって失敗しちゃったもんでね。

 

 

なので、声を大にして言いましょう。

 

安いパーツクリーナーはマジでコスパ悪いから気をつけろ!!!

 

 

自分で車をいじったりする方の参考になればと思います。

 

 

 

アディオス(`・ω・´)ゞ

ブログランキング参加中!

↓四国の釣りブログはこちら↓

にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ

ツイッターもよろしく

スポンサーリンク